おいしくて、かわいいくて、おかしな台湾のオススメ
by ayacoとkayoco
フォロー中のブログ
カテゴリ
■ayacoの著書■














all designed by ayaco

このブログはリンクフリーです。

おいしくて、おかしくて、かわいい台湾に魅了されたayacoとkayocoの、ちょっと変わった台湾の楽しみ方★


Copyright (c) taiwan no tabishiori All Right Reserved
「台湾たびしおり」の写真、イラスト・文字画像の著作権はすべて台湾のたびしおりにあります。当サイト・書籍の画像について、HP等への無断使用や加工・転送・転売を一切禁止します。

タグ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たびにっき: 賭城嫩雞OCT
e0171089_17225706.jpg

まだ台湾に2店舗しかなくて、大人気だというラスベガスのチキン屋さん、「賭城嫩雞OCT (Original Chicken Tender) 」にやってきました!

場所は、MRT南港駅からすぐのCITY LINKのB2棟。
すべてMRTはんこ集めの最中に降りては行っているのですが、南港の話をしたら、台湾の友人がぜひ食べてみて!とオススメしてくれました。
人気ということで少ない席はすでに満席。

e0171089_17225785.jpg

とりあえず注文。
オリジナルチキンの小89元に、ポテト+ドリンク55元をプラス(計144元)しました。
小はチキン3つ、大は5つです。
ソースは辛い辣味と原味から選べます。

e0171089_17225722.jpg

席が困ってたら店員さんが上の階でもどうぞ!と言ってくれたので、2階の洋服売り場のベンチで(笑)

e0171089_17225844.jpg

肝心のチキンですが、やわらかくってビックリ!!
二人で分けるにも、ヘナヘナプラスチックのフォークでいとも簡単に切れます。
ころもはサックサクで、クセがなくて、やわらかくておいしい!!
ブラックペッパーがついてきたのでかけてみたら、また2倍おいしい。
(辛いソースは辛すぎて断念)
ぱぱっと食べ終わりました〜〜。

人気が出たら、店舗が増えそうですね。


[kayoco]


Heppyの応援をお願いしますー!(*^_^*)

ここを1日1回ポチっとしていただければ、ブログランキングで何位か分かります★

[PR]
by heppilies | 2015-08-10 16:48 | [台北] cafe & ごはん | Comments(0)
[移転]「おいしいレストランTimama」(台北)
e0171089_1801454.jpg

本でもご紹介して、ブログでもご紹介していたTimamaが、移転しました。
以前の記事
(写真、ブログ用に携帯で撮ったもので、ちょっと暗くてごめんなさい!)

今まではMRT文德の近くだったのですが、港墘から徒歩10分のところに移転。
ベーカリーはなくなり、レストランのみとなりましたが、
席数は増えて、さらに朝ごはんも提供するようになってました!
e0171089_1801395.jpg

e0171089_1801434.jpg

夜ご飯の定番メニューも、そのまま。
なんか、さらに美味しくなったみたいに感じました。

オススメメニューは自然豬排。ポークソテーです。
ayaco、今までこんなにおいしい豚肉を食べたことがありません。
柔らかくて風味豊かでほんっとうにおいしい。
ちょっとだけ行きにくくなっちゃったけれど、ぜひ行ってみてください!


*DATA*
Timama
住所:內湖區江南街71巷16弄32號
TEL:0937-241-220
MRT港墘より10分強
e0171089_1894018.png

(地図はGoogle先生より拝借)








Heppyの応援をお願いしますー!(*^_^*)

ここを1日1回ポチっとしていただければ、ブログランキングで何位か分かります★
[PR]
by heppilies | 2015-03-16 18:10 | [台北] cafe & ごはん | Comments(0)
[食事]大行列の美味しい寿司屋「賴桑寿司屋」(花蓮)
e0171089_22483981.jpg

地元民に大人気!!という噂を聞きつけて、やって参りました!花蓮の「賴桑寿司屋」。
夜ごはんを食べに行ったのですが、あまりの人気店ということで、
システムがちょっとだけ複雑。
時系列でおさらいしてみます!

まず、お昼の部は、9時から整理番号(號碼牌)が配布されます。
そして11時半から整理番号順に呼ばれ、店内に入ることができます。

夜の部は、16時半から整理番号が配布されます。
そして17時から整理番号順に呼ばれ、店内に入ることができます。


◆16:40 お店到着
e0171089_2248331.jpg

私たちは夜の部ということで、16:40にお店に到着。
そしたらば、すでにお店の前が人!人!人!
號碼牌の配布開始から10分しか経っていないのに、私たちがもらった號碼牌はすでに「23(組目)」。
お客さんが持って帰らなかったレシートの裏に、その番号が書かれています(笑)
なのでその人たちの頼んだものをフムフム……と研究。何がおいしいのか……と。


◆16:45〜16:55 お隣のスーパーで買いもの
17:00に整理番号が呼ばれ始めますので、それまで隣の「POYA(寶雅)」で買いもの。
お菓子やお酒、衣類、化粧品、雑貨などがひろ〜〜〜〜い店内に並んでいます。
夜にホテルで乾杯する用の、キティちゃんビールとおつまみ買いました。


◆17:00 整理番号が呼ばれる(開店)
1組1組人数が違うのでその時々で違うと思いますが、この日は「20」までが開店と同時に入れました。
私たちは「23」。つまり、入店した誰かが食べて出てくるまで入れません……。


◆17:40 メニューが配られる
e0171089_22483521.jpg

「35」までの人にメニューが配られました。
メニュー表は、個数などを書いては消して何度も使えるすぐれもので、クレヨンで注文したいものをチェックしていきます。
この時隣の台湾人に「何がおいしいか」としつこく聞かれ……調べた人気メニューを答えときましたが、
日本人だけどここの何がおいしいかはわかんないし(笑)


◆17:50 店内へ!!
呼ばれたーーーーー!到着してから、1時間と10分。
反省としては、あと10分早く来たら、17:00の開店と同時に入れたかも……ということですね。

e0171089_22483975.jpg

さあ、やっと店内です。にぎわってますね〜〜!

e0171089_22483868.jpg

e0171089_22484189.jpg

壁には海産物がいっぱい。各地からのお客さんが書いたメッセージなどもありました。

e0171089_22483728.jpg

メニュー表には書かなかったんだけど……近くにあって食べたくなってしまったもの。
玉米筍6本(100元)。
ムシャムシャ夢中で食べてしまった〜新鮮でおいしかったです。

e0171089_2248277.jpg

北寄貝手握壽司5カン(230元)。
にぎりずし。ツヤッツヤで歯ごたえがあってウマイ!!

e0171089_22483628.jpg

蘆筍沙拉(90元)。
アスパラとカボチャのサラダ。口直しに。

e0171089_22483684.jpg

賴桑綜合生魚片(250元)。
おさしみです。

e0171089_2248377.jpg

海味蓋飯散壽司(230元)。
ちらしずし。あれ? ずいぶんおさしみ盛り合わせに似てるような……。
それもこれも、両方にのっている「キハダマグロ」らしきお魚。
とっても分厚くて味もおいしいんだけど、なんせこればかりがたくさんのっている。
そして味が淡白なので、飽きる(笑)

あとはやはり、しるもの。
味噌湯(20元)と蛤仔魚丸湯(40元)を注文しました。

一番楽しみにしていたのは、お店一番人気の看板メニュー「賴桑巨無霸招牌握壽司」。
7カンの握り寿司なのですが、台湾人が夢中になっているのはそのネタの厚みと大きさ、
上に塗られたタレのよう。
私たちも注文したのですが……人気なだけあってなかなか出てこなく。
結局出てくる前にお腹いっぱいになってしまったので、キャンセルしてしまいました。
次回リベンジしなきゃ!


◆18:30 ごちそうさま
お会計はぜんぶで960元(3400円くらい)。お腹いっぱ〜〜〜〜いに。
賴さんの日本料理、日本人としてもgood!満足できました〜!
味は比較的大ぶり、繊細な感じはあんまりしないのだけど、魚も野菜も新鮮でおいしかったです。
たらふく新鮮なお寿司を食べられることが、台湾人に人気なんでしょうね〜^^

いつも混雑する人気店ですが、花蓮へ行ったらば、ぜひご賞味あれ〜!


[kayoco]


e0171089_0393528.jpg

e0171089_22483317.jpg

賴さんのお店のヨコに停まっていたトラック。

あぁ、食べられなかった総合寿司、気になるなぁ。
でもまぁ、お刺身と同じ内容だったであろうと思います(笑)


e0171089_040275.jpg

★lai4 sang1 shou4 si1 wu1 = 賴桑寿司屋
(らい さん しょう す- う-)

賴さんはマスター。トラックの絵にもある、賴さんらしき板前さんはカウンター前にいました!
日本に行って修行した方なのかなあ。
台湾人の好みにアレンジして大人気、でも日本人でもおいしい「賴さん にほんりょうり」。
ごちそうさまでした。



*DATA*
「賴桑寿司屋(賴さん にほんりょうり)」
住所:花蓮縣花蓮市中正路335號(google map
電話:038328917
営業時間:昼は11:30〜14:00、夜は17:00〜21:00(月曜休み)








Heppyの応援をお願いしますー!(*^_^*)

ここを1日1回ポチっとしていただければ、ブログランキングで何位か分かります★
[PR]
by heppilies | 2014-10-08 22:55 | [東部] 花蓮さんぽ | Comments(4)
たびにっき:モスバーガー
e0171089_1233393.jpg

e0171089_12334028.jpg

今台湾のモスでは、チキンバーガー対決が開催されています。
スイートチリソースが入ったタイ風チキンバーガーVS
マンゴーカレーチキンバーガー。
両方食べましたが、マンゴーカレーの優勢か!?
これらをライチソーダと一緒に食べるのにハマってます。
単品で80元。ライチソーダは50元。
日本よりちょいと安いかな。


〈ayaco〉


e0171089_040275.jpg

夏にさわやかライチソーダ、おいしそうーー!
私も一週間後は台湾にいます!モス行く機会、あるかしら?








Heppyの応援をお願いしますー!(*^_^*)

ここを1日1回ポチっとしていただければ、ブログランキングで何位か分かります★
[PR]
by heppilies | 2014-08-01 12:29 | [台湾] たび中継 | Comments(0)
[食べ放題] 台湾料理食べ比べ!「青葉新樂園」(忠孝新生)
e0171089_19154650.jpg

e0171089_19154253.jpg

華山1914創意文化園區にある、台湾料理ビュッフェ「青葉新樂園」を紹介します!
こちら、台湾料理レストラン「青葉」の料理を心ゆくまで食べ放題できるというお店で、
初めての台湾で、滞在期間も短い父を連れてくのにちょうどいいかな、と思って行ったところ。
(結局行った時、父はお腹の調子がわるく、あまり食べなかったのだけど(汗))

e0171089_19153532.jpg

広々としていて天井も高い店内。とても清潔感があります。

e0171089_19152742.jpg

お店に入ってすぐ目に入ったのが、屋台!
台湾ごはんの良さは、屋台にあり。と思うので、とてもいいアイディアですね〜。
蚵仔煎(おあちぇん)や切仔麺など庶民的な食べものをその場で調理してもらえます。

e0171089_19152682.jpg

自分でお皿に盛るビュッフェブースはこんな感じ。

e0171089_19151135.jpg

種類はたくさんありますよ〜〜〜。
お皿にのり切らない!

e0171089_1915589.jpg

ドリンクももちろん飲み放題ですが、台湾ビールだって飲み放題なんです!
ビール好きにはうれしいサービスですね。


さて。
テーブルに移りましょう。

e0171089_19145891.jpg

テーブルには別注文のごはんメニューも。
注文が入ってから作ってくれるよう。

e0171089_19144917.jpg

台湾ビール以外のアルコールは有料で頼めます。

e0171089_19144069.jpg

e0171089_19143136.jpg

ちょっとずつちょっとずつよそっても、ぜんぜんのり切らないです!
カラスミチャーハンと茹でたてのエビ(わさび醤油で)がおいしかったな〜!!

e0171089_19141874.jpg

屋台ブースでいただいた切仔麺。ダシ汁がおいしい!
こういった麺は外で食べるにもお店を探さなきゃいけないし、
荷物が多いと狭い席に苦労したりするので……ここではゆったり気楽に、好きなだけ食べられます。

e0171089_1914599.jpg

そして、一番人気(だと思う)は、佛跳牆(通称ぶっとびスープ)!!
周りのテーブルで食べていない人はいませんでした〜。
どうやらレストラン「青葉」でぶっとびスープは680元で提供されているようで、
ここのビュッフェ(夜)と同じ料金!お得!!

高級食材が入っていて身体に染みるおいしさですが、トロトロの芋がとくにおいしかったな〜。
この壷も底が深く、なかなか量が多かったです!

e0171089_19133313.jpg

デザートも種類豊富。
ごまムースなどのデザート、季節の台湾フルーツ……。
コーヒーもおいしかった!


一品一品を味わっておいしい!というよりは、
やっぱりたくさんの台湾料理を少しずつ楽しめるのが何よりの魅力。
この種類をぜんぶ食べようと思ったら、何日も必要になっちゃいます。

お値段は………

《平日》
ランチタイム(12:00〜14:30):550元(約1850円)
ディナータイム(17:30〜21:30):680元(約2300円)

《休日》
ランチタイム(12:00〜14:30):680元(約2300円)
アフタヌーンティー(15:00〜17:00):460元(約1550円)
ディナータイム(17:30〜21:30):680元(約2300円)

です。
いつものごはんよりちょっと高いかもしれないけど……食べ放題なので楽しいですよ^^
ぜひぜひモトをとるべく、たくさん味わっちゃってください!


[kayoco]


e0171089_0393528.jpg

おおおおおおお!!!
これは、行かねばなりません!
ついにパスポート申請までこぎつけた母を連れて…

屋台で買うと一盛り来ちゃうから、こうやって一口ずつ食べられるのが、私たちにはうれしいのよね!



*DATA*
「青葉新樂園」
住所:台北市八徳路一段1号(華山1914創意文化園區内)
電話:0233222009
営業時間:12:00~14:00、15:00〜17:00、17:30~21:30
行き方:MRT忠孝新生駅から華山1914創意文化園區までは歩いて4分ほど。
お店は園内MAPの真ん中らへんです。

*行く日時が決まったら、できれば予約を!
予約ページはこちら
日本語もあります。
予約が完了したら、メールでお店から連絡が入ります。








Heppyの応援をお願いしますー!(*^_^*)

ここを1日1回ポチっとしていただければ、ブログランキングで何位か分かります★
[PR]
by heppilies | 2014-02-04 19:51 | [台北] cafe & ごはん | Comments(4)